結婚の晩婚化

結婚を考える年齢が下がりつつあるのは多くの方が感じられていることでしょう。実際に女性の社会進出が進むにしたがって結婚を考えられない女性が増えています。過去には卒業後に結婚などということも珍しくはなかったのですが、今では女性も結婚したら専業主婦になるという考え方は低く、それゆえに結婚に前向きになれないようです。

結婚したら子供が生まれます。新たな命に喜ばない夫婦はいません。それではなぜ子供を産まずに働き続ける方が多いのかといえば、社会全体が子供を育てにくい環境になってしまっていることが大きな原因と言われています。

若い夫婦の場合は確かに女性はまだ働きだしたばかりであれば、そんなに仕事にしがみつく理由もなく、我が子を育てたいと考えます。しかし共働きではなくなった家庭に家族が増えた状態で、しかも男性も働き始めたばかりで給料も安いという状況で家族のためだけにそのお金を使う、という風に考えられる人も減っています。娯楽が増えた現代、若いうちは遊びたいと考える方も多いのです。

結婚している夫婦の平均年齢差に関しては差がでており、男性が若い女性を好む傾向があるとまで言われています。また実際に結婚して子供を産んでも、安定できる時期になると女性も社会的に重要なポストを与えられるようになっています。産休をとることで会社から取り残されてしまうのではないかという不安から、結婚に踏み切れない方も多いです。産んだ子供を安心して任せられる社会制度が確立していないためか、子供を産み育てる不安が、結婚へのためらいになっているという事態になっているのです。